SSブログ

表12景。(gabacho) [外で美味しい(その他)]

今朝も外へ出ると涼しくて気持ちよく[晴れ]


今日は休みなんでのんびりしてたら、妻がパンが欲しいと言うんであずきベーカリーでパンを調達したら、お昼近いんで近くの“gabacho”というお店に来てみました。今まで何度か訪れましたがいつも閉まってて、ホンマに営業してるんかいな?と思ってましたが、やっと開いてる時に来れました。


様々なジャンルのメニューが並び少々迷いましたが、私は“唐揚げミックス定食”(1,050円・税込)に決め、妻は“中華やきそば定食”(700円・税込)にしました。


12時前で混み始める前やったからか、10分くらい待つと出てきました。唐揚に生姜焼き、ナポリタンと粗挽きソーセージ、それとサラダです。


それにしても唐揚大きい~[グッド(上向き矢印)]豪快にいっちゃいましょう。んっ!?この鶏肉プリップリやん[ぴかぴか(新しい)]生姜焼きも甘めのたれにピリが効いてて美味しい♪


食後は娘が持ち帰ってた、パンフレットを見た妻が目論んでたプチ登山。ロープウェイの駐車場から山頂に至る所々には、表十二景と呼ばれる奇岩、景勝がありまして、それらを確認しながら登ろうという訳です。ちなみに裏八景の奇岩は4年前に全て観に行きました。


まず第一景の通天窓(つうてんそう)。ここだけ案内板が無く、どこから見えるのか探しまくりました^^;


第二景は紅雲亭と呼ばれる東屋。


第三景の錦屏風。案内板ではこの右にも板状の岩があるようですが、木に隠れて見えませんでした。


第四景は老杉洞(ろうさんどう)。木々の間からかろうじて見えました。


第五景の蟾蜍岩(せんじょがん)。ヒキガエルがこちらを見てる様、となってますけど…?


第六景は玉筍峰(ぎょくじゅんぽう)。確かにたけのこのように見えます。


第七景の画帖石は登山道の傍にありました。奥行き3~4mはある大きな岩でした。


第八景は層雲壇。見た目通りかな。


第九景の荷葉岳(かようがく)はこれかと思って撮りましたけど、後で確認したらゴジラ岩と呼ばれる物でした。


第十一景は女蘿壁(じょらへき)。女蘿は枝葉に絡みつく苔類だそうですが、今は存在してないそうです。


前後しますが第十景の烏帽子岩(写真右)。


そして登りきった所にある四望頂。ロープウェイが開通する前の山頂展望所で、こちらが最終の第十二景となります。現地の案内板では、ここから荷葉岳が見えるとありましたんで確認してみました。でもこうやって景色を眺めてると、こんな急斜面を登ってきたんやな~というのを実感。


さぁ喉が渇いたし冷たい物を、と山頂の売店まで行きましたが、調理器具の入替えで軽食類の提供はして無くて[もうやだ~(悲しい顔)]メープルソフト食べたかったのに残念です。


一息つきましたが足はかなり張ってたんで、帰りはロープウェイで下る事にしました。乗るのは約30年ぶりです。


そして定刻通りに発車しました。どうやら手前右に迫る巨岩が層雲壇で、下に見えてる鉄塔の左上に突き出てるのが玉筍峰と思われます。それにロープウェイから見ると、寒霞渓が渓谷なのがよく分かりますね。

着いたら家に帰ってバタンキュー[眠い(睡眠)]疲れはしましたけど久々の寒霞渓登山は楽しかった~。

それでは夜になり今日も晩酌です。アテは高野豆腐と、


チキンナゲット&フライドポテト。


お互い歩いて登ったん何十年ぶりやろなぁ[ビール]とビールを開け、


私は焼酎にチェンジしてホッと一息。


それでは美味しいものを食べて今日も満足。ごちそうさまでした[るんるん]



nice!(25)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感